新しい家族葬〜プレゼンテーション動画〜

核家族化が進み、お葬式への考え方、形式も徐々に変化してきました。 2020年の新型コロナウイルス感染症を受けて葬儀業界の市場規模は前年比3千億円ダウンの1兆5060億 円に縮小。 コロナによる行動制限のため、たくさんの参列者が集まる従来の葬儀が少なくなり、身内だけの葬儀が 増えて市場規模が極端に縮んだことが背景にあります。 ”小さなお葬式”や”家族葬”というキーワードに代表されるお葬式の規模縮小化は全国的な流れとな りました。 または、葬儀を執り行わない”直葬”も1割を越えるほどの規模になり、祭壇も豪華で大きな白木の祭 壇は昔の姿、現在は生花で飾りつける祭壇が主流となっています。 葬儀業界では、この変化についていける会社と取り残される会社の二分化、資本力による寡占化が進ん でいます。 このような中、他社との差別化を図る新たな価値観の創出ができるかどうか、が葬儀社の生き残りを賭 けた分水嶺とも言えるでしょう。 このような状況で、当社では従来の葬儀に新たな価値を創出するべくデジタルサイネージを活用し た”サイネージ祭壇”を開発、発表する運びとなりました。

Other articles